関山(カンザン)。別名セキヤマ。

学名にはセキヤマという名で登録されている。

サトザクラの園芸品種。

明治時代の初めに巣鴨の植木屋が荒川堤に植えたのが始まり。

花は濃いピンク色で、茶色味のある若葉が同時に開きます。

八重咲き桜の代表種で、花弁は20枚以上、枚多い場合は50枚を超える。

樹木として、虫や病害等に強く、非常に育てやすいので、

街路樹や公園の植木などとして植えられていることが多い。

開花の時期はソメオヨシノが咲き終わった後に咲き始めます。

ちょうど今(4月中旬頃)が見頃です。

また花は塩漬けにして、桜湯の原料とされます。

カンザンサクラ

カンザンサクラ2

カンザンサクラ3

カンザンサクラ4