オオシマザクラ系サトザクラの園芸品種です。

八重桜でツボミは淡いピンク色。

花は白色で、花びらは10-15枚程あります。

写真はまだ若い木なので花も大きくないですが、

大輪の花が咲き、大木となるようです。

現在の栽培種の元となっているのは、東京の荒川堤で栽培されていたそうです。

「春すぎて夏きたるらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」

白妙のイメージはこの句を連想させますが、季節的には春よりは初夏になりますね。

淡いピンクの色を帯びたツボミと白い花のコントラストが、

非常に可愛く、凛とした清楚な印象の桜です。

シロタエサクラ

シロタエサクラ2