11月のオオタさん-4

11月26日のmikibar@シャトー2Fは11月のオオタさん

「オオタマサオおすすめの昭和歌謡」と題して

オオタマサオさんをお招きして、お持ちのEPレコードをかけて音楽を聴きながら、

面白いエピソード(下世話な話も随所に)を伺いながら進行しました。

11月のオオタさん-3

最初は「ジュン 知子 チヨ」の紹介から始まりました。

次に「真っ赤な太陽」美空ひばり。

その後「あなたならどうする」いしだあゆみ。

次々とかけられる昭和歌謡のレコードを聴きながらの

話は途中休憩を挟み、2時間続きました。

気づいたときは22:00を過ぎていました。

近年では中森明菜や久保田早紀の80年代、

果てはブルース・リーまで及びます。

その後、オオタマサオさんの希望により

大阪弁紙芝居が始まりました。

11月のオオタさん-1

その様子の一部をアップします。

im_maekaketen_main

また、オオタマサオさんは稀代のコレクターとしても知られ、

先日 伊藤忠青山アートスクエア で行われた 「ニッポンの前掛け展」では

オオタマサオさんの前掛けのコレクションが展示され

トークショーが行われました。

まだまだ話し足りない様子のオオタマサオさんでした。

時間が許せば 一晩中でも話していたでしょう!

またの機会にお話を伺いたいですね。

スーモジャーナル

こちらは スーモジャーナルに掲載されているオオタマサオさんの小屋です。

山梨のご自宅の敷地内に50万円で小屋を建てたそうで、

小屋の写真やインタビュー記事が掲載されています。

◆オオタマサオ:写真家、収集家◆
写真家。前掛け、琺瑯(ホーロー)看板、レコード、昔の絵葉書など、
それぞれ数千枚を所有するアンティーク収集家。
『琺瑯看板〜懐かしき30年代を訪ねて』(小学館)などの著書あり。
エンドレスな語りに定評アリ。

昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979

11月のオオタさん-2

最後は次回のmikibar@シャトー2Fの告知です。

次回は12月13日(日曜日)夕方から(時間は未定)です。

今年最後ということで、小金井ゆかりのアーティストが総出演します。

時間は拡大しますので、出入り自由です。

詳細は解りしだい報告します。

続けて

たのしの森市2015

11月28日、29日の2日間 長野県岡谷市のララ・オカヤ というところで

イベントがあるそうです。

マスター木村  28日:11:00〜40分、13:30〜40分
Parallelleap     29日 :  11:30〜40分、14:00〜40分
林美貴は mikibar茶席です。

《たのしの森市2015》!
みる、たべる、たのしむ、体験する、買う、
笑う、うたう、癒す・・・などざっくり70ブースほどあるのかな?
わたしも一応“mikibar茶席”というお茶席もちますが、
もしかしたら「只今休憩中」の時が多いかもしれません。
それほど、見逃せない、聴き逃せない楽しみが
ぎゅっと詰まっています。
今回は小金井から、
マスター木村(28日:11:00〜40分、13:30〜40分)と
Parallelleap のふたり(29日、11:30〜40分、14:00〜40分)も
ぐるぐる巻きこんでお連れしております。
皆さま、是非お出かけくださいね。あったくなりますよ!
■日時 2015年11月28日(土)&29日(日) 10:00〜16:00
■場所 ララオカヤ 2階
岡谷市中央町1-1-1(JR中央本線岡谷駅出てすぐ右隣)
■入場 無料(会場内でいっぱいお買い物してね♪) 林美貴

オオタマサオさんの本↓

昭和歌謡の本↓