たかね5

たいやきの名店は色々とあるようですが、こちらもその一つ。

昭和28年創業です。

一丁焼きと言う、一匹づつ手で返す昔ながらの製法で作っていて、

皮の表面がパリッとしています。

ちなみに一丁焼きのたいやきは天然物と言うそうです。

餡は創業以来の「つぶし餡」で、

小豆は北海道のその年の気候を見て十勝、上川、石狩、富良野、

羊蹄山麓などのエリアの中から選び、

最適な小豆を選んでいるそうです。

焼きに使う油は貴重な玉締め胡麻油を基本に、

数種類の異なる特性が際立った油をブレンドすることで香り良く、

軽くさっくりと焼き上げています。

たかね7

いつもは持ち帰りが多いですが、この日はイートインにしました。

イートインだと出来たてをすぐに食べられますのでお薦めです。

また、たいやきだけでなく、他の和菓子、季節によって

大福やあんみつ、道明寺なども販売しています。

お茶に対しても店主のこだわりがすごく、生産者さんから直接

お茶を仕入れているそうです。

たいやきのセットは八女茶と宇治茶があり、少々値がはりますが品評会に出品した

お茶もあります。

*子供は入店禁止ですのでご注意ください。

たかね8

こちらのお茶は宇治茶のセットでした。

水色は薄いですが、お茶の甘みがしっかりでていて大変美味しかったです。

お湯もたっぷりいただけます。

たかね9

内装も落ち着いた感じで、茶器も販売しています。

広重の浮世絵もありました。(ディスプレイ)

たかね10

トイレにはビートルズの人形も置いてありましたので、

この飛行船はレッド・ツェッペリン なのかと思ってみたり・・・

東京のたい焼き ほぼ百匹手帖 (立東舎)

たかね3

暖簾の向こう側でたいやきを焼いています。

たかね4

持ち帰りは外から注文します。

たかね1

たいやきの絵が目印です。

このたいやきのイラストをプリントしたTシャツも販売しています。

たかね2

バス停を模した看板です。

三鷹駅からは10分ほど歩きます。

甘味処たかね
●定休日   :月曜日・火曜日
●営業時間  :10:00~19:00 *たいやきは11時から焼き始めます。
●日本茶喫茶 :10:00~18:40 *店内はお子様ご遠慮頂いております。
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-32-6東急ドエルアルス三鷹103
Tel・Fax:0422-44-8859

甘味処たかね